メルカリ

【2019年】メルカリ便60サイズ以上の配送サービス利用料が4月1日正午より変更に。

【2019年5月30日更新】メルカリ便の配送サービス利用料が2019年4月1日正午より、変更になると公式サイトやネットニュースなどでも取り上げられました。

今回は配送サービス利用料の変更の詳細について簡単に説明していこうと思います。

 

2019年4月1日(月)正午より、「らくらくメルカリ便」と「ゆうゆうメルカリ便」の配送サービス利用料が一部変更になります。

※「らくらくメルカリ便 ネコポス(195円)」と「らくらくメルカリ便 宅急便コンパクト(380円)、「ゆうゆうメルカリ便 ゆうパケット(175円)」の配送サービス利用料については変更はありません。

 メルカリ便の配送サービス利用料変更後の料金一覧

らくらくメルカリ便旧料金   新料金
ネコポス¥195 → 変更なし
宅急便コンパクト¥380 → 変更なし
宅急便
60サイズ¥600 → ¥700
80サイズ¥700 → ¥800
100サイズ¥900 → ¥1,000
120サイズ¥1,000 → ¥1,100
140サイズ¥1,200 → ¥1,300
160サイズ¥1,500 → ¥1,600
ゆうゆうメルカリ便旧料金   新料金
ゆうパケット¥175 → 変更なし
ゆうパック
60サイズ¥600 → ¥700
80サイズ¥700 → ¥800
100サイズ¥900 → ¥1,000

料金が変更になったサイズの料金の上り幅は100円ですね。

旧料金の適用期間に出品した商品が、新料金の適用期間まで売れていない時はサービス利用料の値上がりも考慮して100円ほど価格変更の設定をしなければならないですね・・・

 

100円なので駆け込み需要などの影響はそれほどないとはおもいますが、

着払いで出品してる商品が10件を超えてる方などは

サービス利用料変更のタイミングよりも前に少しずつでも価格変更しておいたほうが無難かもしれませんね。

配送サービス利用料変更のタイミングは?

配送サービス利用料は以下のタイミングで変更になります。

・「2019年4月1日午前11:59:59以前」に購入された商品には旧料金が適用されます。

「2019年4月1日午後12:00:00(正午)以降」に購入された商品には「新料金」が適用されます。

配送サービス利用料の例

・4月1日の午前10時に出品した商品が、4月1日午前11時50分に購入された場合=旧料金

・4月1日の午前10時に出品した商品が、4月1日午後12時10分に購入された場合=新料金

旧料金が適用される時間帯に購入された商品の支払い(コンビニ払い/ATM払い)が新料金が適用される時間帯になった場合は?

・旧料金が適用される時間帯(4月1日午前11:59:59以前)に商品が購入されているので、旧料金が適用されます。

・4月1日正午より前に購入者の支払い(コンビニ払い/ATM払い)が完了していなくても、旧料金が適用されるので問題ありません。

配送サービス利用料が変更になった理由は?

国土交通省の調査で、※2017年度の宅配取扱個数が過去最高の42億5133万個(前年度比5.8%増)と大幅に増加しました。

これにより、配送事業者の人手不足、再配達の負荷などが以前よりも更に深刻化しています。

配送事業者のこのような状況を考慮した結果、メルカリでは「らくらくメルカリ便」と「ゆうゆうメルカリ便」の配送サービス利用料の一部変更という決断が下されました。

納得の理由ですよね。。

 

最近のフリマアプリや、

ネット通販の需要を考えると配送事業者がパンク状態になってしまうのも頷けます・・・

 

そんな状態にもかかわらず、

日夜働いてくれている配送業者さんのことを考えると、

100円の値上げくらいは利用者としても納得してあげたいですね。

 

※「平成29年度 宅配便取扱実績」(国土交通省)

メルカリ便配送サービス利用料変更まとめ

・2019年4月1日午前11:59:59以前に商品の購入が完了していれば、購入者の支払い完了の時間に関係なく旧料金の配送サービス利用料が適用されます。

配送サービス利用料が変更になるタイミングを理解すればいいだけなので、特に難しいことはありませんね。

ゲームソフトを安く買う方法とは?【フリマアプリ裏技】フリマアプリでゲームを最安値で買う方法を分かりやすく解説!損しないための裏技やオススメのサイトも紹介!...