雑記

NHKの簡単な断り方!【2020】

【2019年5月22日更新】ピンポンが鳴ったのでいざ玄関の扉を開けてみると

「あ、わたくし、NHKの受信料の集金に来た者なんですが・・・」

なんてこと、ありますよね、、、

私の家なんて昔から支払っているにも関わらず、

なぜか訪問してくることがあります(笑)

 

今はネットニュースやSNSなどが普及しているので、

わざわざテレビを観て情報を知ろうとはしないですよね。

 

「観てないんだから受信料なんて払いたくない!」という人は多いですよね。

そこで今回は「NHKの集金のオススメな断り方」を紹介します。

 

NHKの受信料の支払い対象になってしまう驚きの物とは?

記事はコチラ↓

NHK受信料、カーナビも義務に。テレビやワンセグ機能付き携帯を持っていないのにNHKと契約を結ばなくてはならない物とは?NHK受信料を払う必要があるものを分かりやすく解説!...

NHKの断り方ベスト3

NHKは居留守を使うのが一番良いと言われていますが、

玄関の扉を開けてしまう場合だってありますよね。

そんなときは下記の断り文句を使ってみましょう。

「この家の人じゃないので・・・」

「じゃあ、あんた誰?」って集金の人に突っ込まれそうですが、

その家の人間でなければ受信料の徴収も契約も出来ないので有効な手段の1つです。

 

「友達」とか「いとこ」、「親戚」などがよく使われてる関係性になります。

この断り方だと、また後ほど来る可能性があります。

 

この断り方は、玄関を開けて顔を合わせてしまった場合の緊急回避の場合に有効ということですね

「お帰りください」

刑法130条に「不退去罪」というものがあります。

ざっくりと簡単に説明すると

・不退去罪

住居等から退去の要求を受けたにもかかわらず、これらの場所から退去しなかった者は、3年以下の懲役又は10万円以下の罰金に処される。

引っ越したばかりでテレビも無く、ワンセグ機能付きの通信機器を持っていない友人に

「本当にテレビが無いか確認させてください」と食い下がってきた時、

集金の担当者に対し「お帰りください」と言ったら

何も言わず、すぐに帰っていきました。

 

クレームになりそうな人とはNHKも関わりたくないのか、法律が関わってくる問題を避けたかったのか、、、

どちらにしてもこれは有効な手段ですね。

「NHKで直接支払い・契約のやりとりをします。」

このご時世なのでよくニュースでも詐欺について放送してますよね、、、

それを有効に活用しましょう。

 

「詐欺だと困るので、NHKに連絡して直接やりとりします。」

だいたいの訪問員はこの言葉で帰っていきます。

支払いや契約にではなく、「詐欺」に対して拒絶的な反応をしているだけなので、

食い下がってくることも滅多にありません。

 

「払わないとは言っていない」という意志を

相手に伝えることが出来るので、諦めて帰る可能性が非常に高いです。

まとめ

やはり一番簡単なのは居留守を使うことですが、そうもいかないときもあります。

 

来客や配達の予定が無い日になるピンポンは面倒な訪問者を招くことがあるので、

インターホンがある住居ならカメラで確認し、

インターホンが無い家は窓から確認するか、扉を開ける前に尋ねてみることをおすすめします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

NHKの受信料の支払い対象になる驚くようなものとは?
記事はコチラ↓

NHK受信料、カーナビも義務に。テレビやワンセグ機能付き携帯を持っていないのにNHKと契約を結ばなくてはならない物とは?NHK受信料を払う必要があるものを分かりやすく解説!...