レビュー記事

エアリズムマスク【レビュー】着用してみた本音をお世辞抜きでご紹介

2020年の6月19日、ユニクロの機能性商品「エアリズム」を使用した「エアリズムマスク」が発売されました。

エアリズム商品自体がユニクロの主力商品の1つということもあり、エアリズムマスクの発売当日にはユニクロの店舗に長蛇の列ができ、ニュースでも取り上げられるくらい話題を集めています。

そんな話題の商品の現物を実際に入手したので、この記事では実際にエアリズムマスクを使用した感想や、着用感など紹介していきます。

エアリズムマスクの主な特徴

・3枚入りで、価格は990円(税別)

・サイズはSサイズ(小学生/身長110cm以上目安)、Mサイズ(小さめ)、Lサイズ(ふつう)の3種類。

・使い切りではなく、洗濯して何回も使用できる。

・手洗いではなく、ネットに入れて洗濯機で洗える。

・「エアリズム素材」、「粒子をカットするフィルター」、「紫外線カットのメッシュ素材」の3構造

生地の品質

今回は「Lサイズ(ふつうの大きさ)」を購入し、着用しました。縫い目の部分は糸の「ほつれ」などはなく、丁寧に仕上がっていました。

 

↑エアリズムマスクの表側です。

表側(外側)はメッシュ素材になっていて軽やかな質感になっています。

↑エアリズムマスクの裏側です。

エアリズム素材の生地で、サラッとした感触が感触が特徴的でした。

マスク裏側の左下には「AIRism」のロゴが入っており、このロゴが裏側を示す目安にもなっています。

メッシュ素材とエアリズム素材、どちらも軽やかな素材なのでマスク自体の手触りや質感などは悪くなく、エアリズム素材の「サラッとした」という部分が活かされている感じですね。

着用したサイズ感は?

エアリズムマスク Lサイズ

今回はLサイズ(ふつう)を購入し、着用しました。筆者の顔の大きさは成人男性の平均的なサイズですが、若干大きいと感じました。

紐の部分が長いため、マスク上部の部分に隙間が出来てしまい、「気密性は保てず」といった結果に。

エアリズムマスクの公式サイトのサイズに「Lサイズ(ふつう)」「Mサイズ(小さめ)」という記載がありますが、素材自体に伸縮性があるため、サイズ表記はあまりあてにならないという印象でした。

衣服と違い、試着ができないため、サイズに関しては消費者を悩ませてしまうポイントになりそうですね。。

着用時の暑さ、息苦しさは?

エアリズム素材なので、マスクの着け始めはサラッとした感じがするのですが、

時間の経過とともに呼吸によってマスク内の湿度が上昇すると、息を吸うたびにマスクが口にくっつくようになり、不織布マスクよりも暑さを感じるようになりました。

着け始めだけエアリズムの冷感を感じられるといった感じでしたね。涼しさに関してはそこまで過度な期待をしないほうがいいかもしれません。

エアコンで20度に保たれた室内で仕事をしながら長時間、マスクを着用してみましたが、涼しい場所でも時間の経過とともにマスクが口にくっつくようになるので、若干の息苦しさは感じました。

ヒモで耳が痛くなる?

購入した日に6時間ほどエアリズムマスクを着用して実験してみましたが、長時間のマスク着用による耳の痛みはなく、紐の素材もやわらかく伸縮性があるため、着用後に紐が接触していた部分が赤くなるということもありませんでした。

紐の太さは約8mmとなっており、一般的な不織布マスクよりは厚みのある紐になっていますが、筆者自身、6時間ほど使用していても耳が痛くなることはなかったので、その点は安心して大丈夫かと思います。

炎天下や真夏日などの使用には適さない

28度を超える気温の晴れた日に屋外でエアリズムマスクを着用してみましたが、マスクの顔半分が覆われているということもあり、かなりの暑さと着用時の息苦しさを感じました。

よって、気温が高い日に屋外で着用するのはおすすめできません。女性の場合は汗だくになり、せっかくのメイクが落ちてしまうでしょう。

エアリズムマスクの注意書きにも

「激しい運動時及び炎天下でのご着用はお避け下さい」という記載があります。

エアリズム素材なので「夏用マスク」というイメージを思い描いてしまう方も多いようですが、エアリズムマスクは「夏用マスク」ではありません。購入を考えている人はその点に注意しましょう。

夏に外で使用するのはかなり厳しいと思います

使ってみた感想まとめ

マスク自体の感触は良く、エアリズム素材特有の滑らかな肌触りにより、着け心地は悪くありませんでした。3枚入りで990円(税別)というコスパの良さも、消費者にとっては嬉しい点だと思います。

ただ、着用した際に若干、息苦しさや暑さを感じてしまうので、気温や湿度が上昇する季節に使用するのは少し厳しいと感じました。

しかし、細菌やウイルスを防止する機能性は高いため、夏以外の季節にはかなりの活躍が期待できる商品であると言えるでしょう。

個人的には冷感機能がある薄型の夏用マスクやカラーバリエーションなど、今後の多種多様な商品の登場に期待したいですね!